技術を覚えるよりもまずは方向性を決める

自分のホームページを開設する前に、まずはどのような方向性のホームページを作りたいかを考える事が重要です。自分はどんなホームページが作りたいのか、そのホームページに必要な機能はどのようなものか、サイトのデザインはどうするかなどをまずはノートなどに書き出してみる事をオススメします。そこに書き出したコンセプトに必要な技術を優先的に取得することを目指しましょう。それらを最初に決めずに漠然とHTMLなどを覚えようとする行為は効率的とは言えません。

HTMLは覚える必要がない?

ホームページ作成に必要なのはHTMLと呼ばれる、主にwebサイトを構築する為に作られたプログラム言語です。サイトのコンセプトを決めたら、自身のポリシーに必要な部分から覚えていくようにしましょう。それらを難しく感じるのなら、ホームページ作成ツールと呼ばれるソフトウエアを利用する事も検討しましょう。それらのソフトウエアは最初からテンプレートが用意されている場合が多く、難しい知識は必要ありません。無料ツールも存在しますので、いくつか試しに使ってみることをおすすめします。注意点としては、ホームページ作成ツールばかり利用しているとどうしても単調なウェブ構成になりがちです。慣れてきたらそれらのツールを補助的に使い、自分でHTMLを覚えてサイトを構築していくことでスキルアップを目指しましょう。HTMLの基礎的な部分さえ覚えていれば、ホームページ作成ツールを利用する際の応用の幅も大きく広げていくことが可能です。

ホームページ制作は外部業者に依頼したり、パッケージソフトを買いに行かなくても、クラウド型のソフトでも作る事が出来ます。