水没をしたスマホが直るケースは多い

防水性能があるスマホなら良いのですが、そうではないと水に濡れた時に壊れてしまうことがありますよね。その際には、電源が入らない、誤作動を起こすなどの不具合が生じることが多いです。しかし、挙動がおかしくなってしまった時でも諦めずにスマホ修理に出してみましょう。適切に処置をすれば大事なデータを取り戻すことはもちろん、端末自体も問題なく使い続けられる可能性があります。費用を掛けて買い替えをするよりも安上がりで済みますので、まずは修理業者に相談をしてみることをおすすめします。

復活の可能性を高めるポイント

スマホ修理に出す前に、守るべきポイントもあります。大事なのが、水没をさせた後に本体を振らないことです。水を抜くためについつい振ってしまうと、それが原因で濡れていないところまで濡らしてしまう可能性があるのです。致命傷となり逆に壊れてしまうこともあるため、タオルで水滴を拭くなどの手入れにとどめておきましょう。電源を入れる行為も良くありません。水に濡れると電源が落ちることがありますので、心配になって咄嗟に電源をオンにするというケースがよくあります。しかし、濡れた状態で通電をさせると本体がショートする恐れがあるのです。「大丈夫かな」と、様子を確認したくなるのも無理はありませんが、これもまた致命傷になり得る危険な行為と理解しておきましょう。また、言うまでもなく濡れた状態で充電をしようとする行為も、同じくショートの原因となるため控えなければいけません。

スマートフォンが故障してしまうなど様々な理由で操作が困難な場合、スマホ修理専門店で応急処置や修理を頼むことが可能です。