マーケティングオートメーションとは何だろう?

マーケティングオートメーションとは、顧客の情報を管理し一人一人に応じたコミュニケーションを実現することで、長期的な関係や営業へとわたすことを可能にするデジタルツールです。集団として見るのではなく「個」としてお客様中心の考え方をするOne to Oneマーケティングが本格化してきたことが、マーケティングオートメーションが急成長している背景にあります。企業間取引を円滑にするためのB to Bマーケティングでは、ほぼ全業種がこのツールを導入しています。有効な商談になりそうな見込み客をクロージングを行う営業にわたす大切な役割を果たします。企業と個人の取引を円滑にするためのB to Cマーケティングでは、不動産や保険、金融などの企業での導入や、ECサイトでの広告により多くのお客様に購入してもらうための大切な役割を果たしています。

マーケティングオートメーションで何ができるのか?

マーケティングオートメーションでは、「ユーザーへの最適なコンテンツの提供」「作業の自動化」「リードナーチャリングが可能」などができるようになります。「ユーザーへの最適なコンテンツの提供」とは、ランディングページなどへの流入経路を解析し、ユーザー情報登録や商品購入検討などを把握しすることで、見合った商品やサービスの提供を可能にすることです。「作業の効率化」では従来担当者がしていた業務の自動化や、システム化によるミスの少ないマーケティング情報の抽出やパフォーマンス向上などが考えられます。「リードナーチャリング(顧客の育成)が可能」においては、定期的なフォローアップメール送信や商品情報を提供し続けることで、これまで成約に至らなかった顧客に対しても育成が見込めるようになります。

マーケティングオートメーションはマーケティング活動を自動化し可視化させ、顧客開拓につなげるためのツールです。